畳替えで健康効果を感じることが出来る和室の魅力

畳替えで健康効果を感じることが出来る和室の魅力

畳

フローリングから畳に変えるには

フローリングから畳替えするには時間もコストもかかります。例えば既存のフローリングの撤去費用、撤去後の床の組み換え費用、畳寄せ費用、そして、畳本体の費用などが必要です。工期も、床をはがすという大がかりな工事の為、長期に及ぶ可能性があります。また、床をはがした際に下地が劣化していると、下地材の加工工事が必要になることもあります。万一に備えて、工事費用、工期ともにゆとりをもって見積もっておくといいでしょう。

畳の健康効果

畳の健康効果が今あらためて注目されています。さて、どのような効果があるのでしょうか。まず、畳は湿度が低い時は湿気を放出し、高い時は湿気を吸着しする、部屋の湿度調整機能を持っています。次に、畳に使われている藁の効用により断熱性、保温性があり、冬は暖かく、夏は涼しいです。3つ目として、畳は部屋の中の音を吸収し、遮ってくれる防音効果が挙げられます。他にもいろいろありますが、これらの効果を効率よく発揮するには畳のお手入れ、つまりは畳替えが欠かせません。

畳に合う部屋のレイアウトやインテリア

今、和室の良さが見直されていますが、特に人気なのが和モダンインテリアというものです。やはり落ち着く和室に従来であればタブーであったソファーやベッドなど洋風インテリアを合わせてお洒落に暮らしたいというわけです。今や、純和風だけでなく、和モダン、アジアン、北欧風、カフェ風など様々です。畳替えをするなら、一度、一緒にインテリアやレイアウトを見直してみてはいかがですか。

裏返しと畳表替えの違いとは?

既存の畳表の再利用、裏返し

畳替えの中で、今付いている畳表を一度はがしてひっくり返し、裏側からつけ直すことを裏返しと言います。畳表は両面を使うことができる為、畳表を反対にひっくり返して、畳床に貼り直すことできれいな畳にリフレッシュできます。但し、一度裏返したものは再度使うことはできませんし、畳表の傷みがひどい場合も行うことはできません。

既存の畳床の再利用、畳表替え

畳替えの中で、畳表を新しいものに交換することを表替えと言います。畳表面ゴザ部分が擦り切れてささくれ立ってきたり、黒ずんだ汚れが全体的に出てきた時期に畳表と畳縁を新品に交換します。

広告募集中